大田区で鍼灸整体・美容鍼灸・産後ケアなら

〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-28-3
東急池上線「石川台駅」徒歩7分 希望ヶ丘商店街沿い/駐車場:なし(近隣にコインパーキング有)

 
9:00~13:00
15:00~20:00

△:木曜・土曜 9:00~16:00 日曜・祝日休み(祝日営業の場合あり)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6425-6833

足裏の痛みでお困りの方

こんな症状でお悩みではありませんか?

✅起床時に足の裏が痛い

✅歩き出しに足裏が痛い

✅長時間歩いていると足の裏が痛い

立ち仕事をしていると足裏が痛くなる

こんな症状の方は足底腱膜炎かもしれません!!

足底筋膜とは

足底筋膜とは足の裏の踵から足の指まで伸びている強靭な腱状の組織であり「足底腱膜」とも言われたりします。

足底筋膜の役割は脚の機能に重要な縦アーチを保持し、長母趾屈筋や内在筋、後脛骨筋などとよばれるものと一緒に荷重時の衝撃を吸収する役割があります。

この荷重の吸収がうまくいかないと足だけではなく膝や股関節、腰などにも衝撃が伝わり痛みなどを引き起こしてしまいます。

 

トラス機構とウィンドラス機構

足の機能構造を維持するにはトラス機構とウィンドラス機構が正常に働くことで足部の衝撃吸収と安定性を保てているのです。

トラス機構とは足部が地面につく際に衝撃を吸収する機構です。
着地の際に足底筋膜が伸ばされることによって足のアーチが低下しある程度のところで足底筋膜の伸長が最大限になり扁平にならずに止まって衝撃を吸収してくれる機能があり、これがトラス機構です。

ウィンドラス機構とは足の指が上を向くと足底筋膜が巻き上げられ足のアーチが高くなる現象がおこり、足の剛性を高め、力の伝達に役立っている。この現象は足を蹴り踵が離れる際に起こり前方への推進力を増している。

足底筋膜炎

足底筋膜炎とは足底部中央や踵部に痛みを伴うことが多い病態であり、踵を地面に着けるときや地面から離れるときに痛みを感じやすく、ひどい場合には難治性になり、回復が悪くなることもあるので注意が必要な疾患です。よくある症状としては起床時の立ち上がりの1歩目や、長時間の座った姿勢からの歩き出しなどの痛みです。動き出してしまうと楽になることもあるが運動量が増えると再度痛みが出ることも多々あります。
つま先立ちや足の裏を押すと痛みがでるなどの特徴もあります。

足底筋膜炎の原因

それでは足底筋膜炎の原因は何なのか?
大きく分けて3つの要因が考えられます。

  • 1
    立位時に足のアーチを構成する足部内在筋とよばれる筋肉の機能が低下し、足の内側のアーチが沈み込み足底筋膜が伸ばされる。
  • 2
    歩行や走行時に足を後ろに蹴りだす際に踵が地面から離れるタイミングが早く足の指が過度に伸展され踵から足の指につく足底筋膜が過度に引っ張られおこる。
  • 3
    踵が離れるのが遅くなり、足関節の過度な傾きがおこり、ふくらはぎから続く足底筋膜が引っ張られ痛みをおこす。

上記のことが3つの原因と書きましたが、では何故このようなことがおこるのか、どうすればこの現象は改善していくのか、これらは足だけにとどまらずカラダの別の場所からの影響をうけたりもします。

多くの方が不安に思う骨棘

踵骨棘

足の裏の痛みで整形外科などで画像検査をしたら「骨に棘(とげ)ができている」と言われる方が多くいらっしゃいます。これは骨棘といって繰り返しの牽引ストレスによってカルシウムが溜り、棘のようなものができるのです。普通はこの骨棘の影響で痛みがでていると考えられると思いますが、骨棘自体があるから痛みをだしているわけではないと一般的には考えられています。
骨棘の診断をされたから治らないと思わないでください。骨棘があるのに痛みがでていない無症状の人も多くいるのです

足底筋膜炎に対する原因を改善させるためのアプローチ

  • 1
    足部の動きに関係する筋肉の柔軟性回復
  • 2
    体幹や足部自体の筋・関節の機能回復・エクササイズ
  • 3
    テーピング
  • 4
    インソール
  • 5
    靴へのアプローチ

私たちや理学療法士はカラダの評価をしてどの動きに異常がおこっているかを見つけ出し、問題となる部分に影響を与えている場所に対してアプローチしていきます。しかし足部の異常はそう簡単ではありません。日常生活で常に負担がかからないようにテーピングやインソールなども処方したりも致します。

私たちの目のつけどころ

足裏の症状はどこにありますか?

上記に足底筋膜炎のアプローチ法を紹介しましたが、鍼灸でも足底筋膜炎の施術を行います。「えっ!足の裏に鍼をするの!?」ご安心ください、足の裏に鍼をするなんて痛すぎるので足の裏にすることはしません。しても痛いだけで終わってしまう可能性も高いです。基本的には先述のアプローチで説明したように足以外のところの影響を考えて施術を行います。そして足の裏の痛みの部位に対応するツボも存在しており、それらを上手く利用することで足底筋膜炎の症状を緩和させていきます。

足底筋膜炎に限らず、足の症状は足自体の問題を考えるのではなく何故足に負担がかかっているのかを考えて施術を行うと効果的であったりします。

当院の施術方法などをご覧いただきありがとうございました。

足の裏の痛みで悩まれている方は多く、長く治らないと言われて当院にお越しになられる方もいらっしゃいます。足の裏の痛みでお悩みの方は当院に気軽にご相談くださいませ。あなたの症状に真摯に向き合いアプローチしていきます。

施術メニュー

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6425-6833
受付時間
9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日
日曜、祝日(営業の場合あり)

お気軽にお問合せください

問い合わせ画像

お電話でのお問合せ・ご予約

03-6425-6833

<受付時間>
9:00~13:00、15:00~20:00 ※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日:日曜 祝日(営業の場合あり)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

はなみずき鍼灸整骨院

外観
住所

〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-28-3

アクセス

東急池上線「石川台駅」徒歩7分
希望ヶ丘商店街沿い
駐車場:なし

受付時間

9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00

定休日

日曜、祝日(営業の場合あり)