大田区で鍼灸整体・美容鍼灸・産後ケアなら

〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-28-3
東急池上線「石川台駅」徒歩7分 希望ヶ丘商店街沿い/駐車場:なし(近隣にコインパーキング有)

 
9:00~13:00
15:00~20:00

△:木曜・土曜 9:00~16:00 日曜・祝日休み(祝日営業の場合あり)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6425-6833

膝の痛みにお悩みの方

膝の痛みについて

膝の痛み

当院における膝でお悩みの方の訴えは色々で「膝が痛い」「膝がグラグラする」「バキバキ音がする」など様々です。膝は立位姿勢を取っているだけでもバランスをとるために可動性を有しております。また歩行時に蹴りだしや着地時に膝をつかうことで推進力がと衝撃の吸収などを保っております。それだけ重要な膝関節ですが、膝のバランスが崩れることで不調を引き起こしてしまいます。

 

 

日本人に多いO脚のリスク

年齢を重ねてくるとO脚になってる方をよくみかけます。これは日本人に多く、もともとの骨格も影響している方もいると思います。近年はO脚の若者など見ることも少なくなりましたが日本人は子供の時からO脚傾向にあると言われております。また環境的因子もとても大事であり、特に「靴」が重要でサイズやソールの固さなどで扁平足や回内足など色々な足の障害を起こしてしまいます。足部の影響は膝にも影響し段々とO脚などに繋がっていくのです。

痛みの部位から疑う膝の疾患

膝の疾患は一般的に痛む場所を聴取し、どの疾患が考えられるかを疑います。あなたの痛みのでる部分はどこに当てはまるでしょうか?

部位別膝疾患

*上記は代表的な疾患であり全てではありません。
また当てはまるからといっても必ずしもその疾患とはなりません。

 

変形性膝関節症

変形性膝関節症

膝の疾患で代表的な疾患であり皆さまが良く知るのは変形性膝関節症ではないでしょうか。よく「軟骨が減ってる」と言われたりする疾患です。高齢の方に多くみられ膝内側に多くみられる疾患です。状態的には加齢や肥満、筋力低下などで軟骨や半月板に負荷が加わり続け摩耗していき、進行とともにO脚が進行していくことが多くみられます。

多くの方がこの変形性膝関節症に悩まれていらっしゃり当院でも多くの変形性膝関節症を診てきました。レントゲンなどをみると膝の隙間が狭くなったり傾いたりする所見がみられます。

変形性膝関節症に対する疑問点

?おかしくないですか?

変形性膝関節症の説明の中で軟骨がすり減る原因に老化や肥満、筋力低下と書きましたがこれは一般的に言われている原因ですが、それでは老化をすればみんなが変形性膝関節症になるとなってしまいます。肥満といわれた方でも膝が悪くない方、筋力が少ない方でも膝は健康な方は多くいらっしゃいます。軟骨や半月板がすり減るのは画像や関節鏡などから間違えないと思いますが、この原因には疑問符です。また軟骨が減るから痛みがおこると思われていますがこれも間違えで軟骨には神経が存在しておらず痛みを感じることはないと言われております。ではなぜ変形性膝関節症になり痛みを感じるのか?
膝の軟骨や半月板に負荷が加わるのは加齢と片づけるのではなく、軸のズレが主な原因と考えられます。膝関節大腿骨と脛骨とよばれる二つの骨が噛み合った形で構成され曲げ伸ばし、捻りという動きがおこります。これは正常な軸で行われることで滑らかな動きを行っているのですが、筋肉の緊張のバランスやカラダの重心の偏りなどで軸がブレると負荷の増える場所が出来てしまい軟骨や半月板に負担を加えてしまうのです。この軸のズレがあり、肥満傾向があると更に負荷が増えるのは十分に考えられます。また軸がズレている膝で筋力がないと安定性に欠け傷めやすくなるのも考えられます。

まとめると膝に大事なのは『軸』であり、当院の施術ではこの軸を整えていきます。

また膝の痛みは軟骨で感じるのではなく損傷した軟骨粒子が関節を覆っている滑膜と呼ばれる膜を刺激することで滑膜に存在する痛覚神経を刺激して痛みを感じるのです。よく「水が溜まる」と言われているのもこの滑膜から産生される滑液と呼ばれるもの過剰分泌になります。

膝痛で悩まれている方へ

あきらめていませんか?

「軟骨がすり減っている」、「半月板がすり減っている」などと言われ膝の痛みを諦めていませんか?
確かに構造的な異常があると膝の痛みがでやすい状態になるかもしれませんし、構造的なものが治るわけでもありません。しかし諦めないでください。膝の筋肉のバランスや軸を整える事で膝の痛みが減ったり、出にくくなったりしていきます。状態によっては時間もかかるものもありますが施術を続けることで膝の状態が変わりますので諦めずに頑張ってみてください。

はなみずき鍼灸整骨院の施術法

「膝の痛みだから膝を施術するんでしょ!」と思われるかもしれませんが、膝の痛みに膝だけ施術をしても効果は少ないのが現実であります。膝自体は股関節や足関節に挟まれた関節でその両方の関節の動きが悪くなると膝に負担が来ます。人間にはキネティックチェーンと呼ばれる運動連鎖があります。例えば立った姿勢でカラダを左に捻るとします。すると右足首が内側に倒れ、股関節が内側に捻られます。この動きが正常であれば膝に負担はかかりにくいのですが、正常な動きがおこらないと膝に無理な捻じれが生じて痛みを起こしたりするのです。股関節だけでなく骨盤なども動きが悪いと膝に来ますので膝以外の関節にも着目しなければなりません。
これは膝の曲げ伸ばしの動きでもいえることです。

はなみずき鍼灸整骨院ではこれらの考えを元に関連している筋肉を緩め正常な可動域を回復させることで膝への負担を減らしていきます。

膝の痛みは施術することで症状が良くなることも多いのですが、痛みが出てから期間が経ってしまうと治りも悪くなってしまいますので早めの施術をお勧めいたします。痛みがでたらすぐ治療しましょう。

また膝痛は構造的に問題をもつ膝は繰り返し痛みが出やすいので、施術で痛みが楽になっても定期的なメンテナンスをされることをお勧め致します。
 

手術が必要と言われた方

膝痛で手術が必要と言われた方、人工関節などの手術をされるには抵抗があったりしますよね。
悩まれているようでしたらまずは鍼灸や整体などをためしてみてはいかがですか?
手術を回避できるかもしれません。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6425-6833
受付時間
9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日
日曜、祝日(営業の場合あり)

お気軽にお問合せください

問い合わせ画像

お電話でのお問合せ・ご予約

03-6425-6833

<受付時間>
9:00~13:00、15:00~20:00 ※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日:日曜 祝日(営業の場合あり)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

はなみずき鍼灸整骨院

外観
住所

〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-28-3

アクセス

東急池上線「石川台駅」徒歩7分
希望ヶ丘商店街沿い
駐車場:なし

受付時間

9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00

定休日

日曜、祝日(営業の場合あり)