大田区で鍼灸整体・美容鍼灸・産後ケアなら

〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-28-3
東急池上線「石川台駅」徒歩7分 希望ヶ丘商店街沿い/駐車場:なし(近隣にコインパーキング有)

 
9:00~13:00
15:00~20:00

△:木曜・土曜 9:00~16:00 日曜・祝日休み(祝日営業の場合あり)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6425-6833

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方

脊柱管狭窄症について解説

脊柱管狭窄症とは何か?

脊柱管狭窄症とは人間の背骨の中に存在する脊髄(神経が集まったもの)が通る穴があり、そこを脊柱管とよびます。この脊柱管が何かしらの原因で狭められてしまい、神経を圧迫してしまうものを脊柱管狭窄症とよび、ひどい場合は生活に支障をきたします。

症状 歩くと痛くなる間欠性跛行

脊柱管狭窄症になると特徴的に間欠性跛行といわれる症状がみられます。間欠性跛行とは歩行や背筋を伸ばしていると徐々に太ももからふくらはぎになどにかけて痛みや痺れが出現し、歩行が困難になります。しかしこの症状は少し腰を屈めてたりして休むと症状が落ち着きます。どのくらいの歩行距離、時間かで重症度などを判断したりします。

前屈みになると症状が出にくいため、移動に際して「自転車は大丈夫」「押し車を引いていると楽」などと言われています。これらはやはり腰を屈めた状態で移動しているからです。

原因は何か?

脊柱管狭窄症の原因は一般的に加齢負荷が繰り返し加わることによる経年変化とされています。ただこれだけが原因とは言いづらく生まれつき脊柱管が狭かったり、成長の過程で狭くなることもあり脊柱管狭窄症になりやすいと言われております。また脊柱が全体的に可動性が悪い傾向の方は腰部の脊柱に負荷が増えることで変性をおこしやすいと思われます。

脊柱管の内径の狭さは先天的であるので仕方ないものですが、脊柱の健全性を保つのは整体や鍼灸で後天的に維持することができますので健康なうちから身体のケアをすることは大事になります。

脊柱管狭窄症の治療

一般的に病院での治療は保存療法か手術療法です。日常生活に支障がない場合は保存療法で経過を観察することが多く、薬物療法や神経ブロック療法などが行われます。しかし効果は一時的であり脊柱管の状態が改善するわけではありません。

はなみずき鍼灸整骨院の施術

脊柱管狭窄症は一筋縄ではいかない疾患です。施術により脊柱管の構造自体が変化することはありません。それでは良くなる方法はないのでは?と思いますよね。しかし鍼灸整体で症状を軽減する、出にくくすることは状態によりできることがあります。

脊柱管狭窄症は難儀な疾患であり1度の施術で何とかなるものではありません。施術を重ねることで症状に変化が出てきたりします。時間はかかるものですが少しでも楽に生活できるよう施術を続けてみてくださいませ。

はなみずき鍼灸整骨院の脊柱管狭窄症の施術は筋肉をしっかり緩めていきます。なぜ脊柱なのに筋肉なのか、それは脊柱に付く筋肉が硬くなると、背骨と背骨に圧縮力が加わります。

脊柱管狭窄症はヘルニアや骨の変性などの影響を受けます。これらは骨同士の間隔が狭まることで神経を刺激してしまいます。施術により関節周りの筋肉などを緩めることで背骨同士の圧迫感を解消し、神経への血流の増加させることで症状の軽減を狙っていきます。

最後に脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

上記にも書いたとおり、状態により違いますが脊柱管狭窄症は簡単によくなるものではありません。構造自体に変化が起きていることや病態が混ざり合っている状態の為、簡単にはいかないのです。しかし、施術を繰り返すことで症状の緩解がされたりすることも多くみられるので日常生活を過ごしやすくするためには諦めずに継続的に施術されることをお勧めいたします。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6425-6833
受付時間
9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日
日曜、祝日(営業の場合あり)

お気軽にお問合せください

問い合わせ画像

お電話でのお問合せ・ご予約

03-6425-6833

<受付時間>
9:00~13:00、15:00~20:00 ※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日:日曜 祝日(営業の場合あり)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

はなみずき鍼灸整骨院

外観
住所

〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-28-3

アクセス

東急池上線「石川台駅」徒歩7分
希望ヶ丘商店街沿い
駐車場:なし

受付時間

9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00

定休日

日曜、祝日(営業の場合あり)