大田区で鍼灸整体・美容鍼灸・産後ケアなら

〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-28-3
東急池上線「石川台駅」徒歩7分 希望ヶ丘商店街沿い/駐車場:なし(近隣にコインパーキング有)

 
9:00~13:00
15:00~20:00

△:木曜・土曜 9:00~16:00 日曜・祝日休み(祝日営業の場合あり)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6425-6833

太ると膝に悪いのか?

太ると関節に負担がかかる?

膝や股関節が悪く病院に行き、レントゲンを撮ると関節の隙間が狭くなっているときなどよく言われるのが「体重を減らしなさい。」「痩せなさい」などと言われることが実に多いです。

結論から言うと「体重を減らす」ことは大事だと思います。
膝関節では歩行時に約3倍階段では約7倍くらいの体重の負荷がかかると言われています。つまり60kgのヒトでしたら
歩行時 60㎏×3=180kg  階段 60㎏×7=420kg の負荷が膝にはかかるのです。

420kgってどんだけ膝は強靭なんだと思いますよね。人間はこんな負荷にも耐えるカラダを本来は持っているのです。​

膝に大事なのは軸

少し話は変わりますが、膝を傷める原因として軸のズレがあります。缶飲料に例えてみましょう。
缶飲料は縦に重ねることができます。きちんと真っ直ぐに重ねれば上手くはまり、外力でも加わらない限り崩れることはありません。これが軸が整っている状態で膝でも同じようなことが言えます。
缶飲料の重ねる位置が少しでもズレると不安定になります。これは軸が整っていない状態です。
この状態は不安定で揺れがおこれば崩れてしまいます。重ねる位置がズレ過ぎればすぐに崩れます。

人間のカラダは膝の上には体幹がのっかっていますので重ねた缶の上に大きい物を乗っけているようなものです。つまり真っすぐ上手くかみ合っている状態のときに軸が整っているといえます。

これは静止状態のときであり動いているときの軸はまた別ですがここでは割愛させていただきます。

 

誰でも体重の影響を受けるわけではない。

歩行時に体重の3倍、階段で7倍などのお話をしました。「それじゃあ膝が痛くなってもしょうがないね!」と思うと思います。ただ考えてみてください。体重の重い方はみんな膝が痛いですか?高齢の方で体重のある方でも膝が痛くない方っていらっしゃるのですが、では何故その方々は膝が痛くないのでしょうか?

膝に大事なのは軸だとお話しましたので何となくわかったかもしれませんが、軸が整っていれば体重が増えても痛めにくいのです。またその膝を支える筋肉がしっかりしているのも大事です。

結論的には体重が増える、重いのは膝に負担がかかります。しかし負担のかかる度合いは膝の軸のズレによって違うということです。

 

日本人に多いO脚問題


あまり気づいていない方も多くいらっしゃるようですが、日本人にはO脚が多いと言われています。確かに臨床上や街を歩いていてもO脚気味の方は多い傾向があります。

なぜ日本人にO脚が多いのかは諸説ありますが、遺伝的要素や生活様式などの文化的背景がいわれています。

生活様式など以外では後天的なもので靴の問題があるようにも思えます。靴はとても重要であり、薄く安定感のない靴を日常で履いていると扁平足などからO脚になってくることもあります。

ちょっと話はそれましたが日本人はO脚が多く、膝の軸が安定しない状態です。この状態で太ると膝に負担がかかるのは容易です。

 

体重が増える(筋肉で太るは別)ことは「膝を悪くする」にイコール(=)にはできないです。ただし、膝に悪影響を及ぼす方もいるので体重が増えることは極力気をつけたほうがいいでしょう。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6425-6833
受付時間
9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日
日曜、祝日(営業の場合あり)

お気軽にお問合せください

問い合わせ画像

お電話でのお問合せ・ご予約

03-6425-6833

<受付時間>
9:00~13:00、15:00~20:00 ※木曜・土曜 9:00~16:00
定休日:日曜 祝日(営業の場合あり)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

はなみずき鍼灸整骨院

外観
住所

〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-28-3

アクセス

東急池上線「石川台駅」徒歩7分
希望ヶ丘商店街沿い
駐車場:なし

受付時間

9:00~13:00、15:00~20:00
※木曜・土曜 9:00~16:00

定休日

日曜、祝日(営業の場合あり)